ラティース太陽光発電

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディング

2007年05月19日
レコーディングの作業ってのは工程がホント果てしなく細かいもの。

また大変だった分の達成感ってのも特別でかいものになるんだが。

完成品を購入し聞き楽しんでるのを知っただけで嬉しくなる。

だからつらい夜業も頑張れるんではないかな。

ほとんどのサウンドオペレートはきみひろ氏によるものだから小生あまり偉そうなことは言えない。

最近は現場でただ俎板の鯉、彼の言われるがままになってるだけかもしれないが。

今夜するのは唄のダヴィング、いわゆる音を重ねていくレコーディングのこと。

ひとつの曲でも各パートでもチャンネルがこと細かく分かれている。

たとえば今回ドラムなどは何チャン使ってるのかなぁ?

バスドラ、スネア、フロアタム……

まぁ細かく録って分けてあれば編集作業などが格段によくなるわけで。

ではベースは?
どうやって録音してる?
と疑問を投げ掛けるウッドベーシストもこれを御覧になってるかと思う。
カンタンに説明すればベースから生で出てる音をきみひろ氏がいいポイントにマイクを立て録音してるんであります。
ネェ生で弾いて聞こえてくる音ほど良い音ないからねぇ
でしょ?

そう小生はただひとつひとつの演奏を皆と心を一つにし頑張ってやらせてもらってるだけなんです。

レコーディングエンジニアは彼の専門分野なんでノウハウのすべてを任してしまってるんです。

傍で見てて彼の仕事の生活リズム、小生にはとても真似出来ぬサイクルなんですわ。

あまりにも長丁場になると小生付き合えず絶対気絶してしまいますから。
スポンサーサイト
Comment
うぅぅぅ…
なんだか…
感動 (ノ_・。)
音楽職人さん達に感謝。


な~んか なおちゃん皆勤賞だし(笑)そろそろみんなコメント広場にくるかなぁ…。

楽器を操れないなおも生音を聞く機会があったんだ、そーしたら今までとは全然違う世界が広がっただわん。とにかく「音」ってものが変わっちゃっただぁ~よ。そして…
なおには 聞こえなくて良い音が聞こえるようになった…オカルトな世界じゃないだによ(笑)
ウッドベーシストぢゃないけど図々しく発言してしまえ。
ベースはそうやって収録してたんですか!Wベースの生音はやっぱり最高なんですよね~。…自分はそんな満足いく生音出したことないし、そして今は消音Bassだし(泣)
キミちゃん(昔の名残でついそう呼んでしまう…)、そこまでこだわってくれて感謝!新しいアルバム待ち遠しいです。

アルバム一枚はそうやって考えるとずっしりと重みのあるものですね~。

自分は職場でPeemanさんとの19年ぶり?20年ぶり?のご対面してしまったその後、コッソリCD[ROOSTER]を手に入れ、毎日くじけそうな早朝出勤の時間に聴きまくり、どれほど元気づけられたかわかりません。
気づけば、一度は諦めたベース熱がぶり返して、再び音楽の世界にはまり込んでるし。気づけば他のCDも買ってたし(笑)
CDは人一人の生き方をも変える力を持っている…なんてなっ。
まだ今もレコーディング中ですかね?
頑張って下さい!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。