ラティース太陽光発電

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい事

2009年11月16日
ライブ会場に行かれた方々なら、最近の小生のステージとは違う挙動をチラッと見かけられていると思うのだが、改めてここで皆様方に申し伝えておこうかと…。









今年夏に一眼レフカメラというものを買ったことがきっかけになり、小生の趣味があらたに一つ加わりまして候。









携帯やコンパクトデジカメのように液晶を見ながらの撮影でなく、ファインダーという小窓を覗きピントを合わせて撮影するため、運転しながらのシュートというのは全自動モードにしオートフォーカスで、もう殆ど感でレンズを対象物に向けたつもりでシャッターを切るのしかないのでありまする。










全自動であってもほとんどが思い通りに事は運ばない…そう上手く行く事はないのでございます。










しかし、今まで運転中に見てきた各所の何気ない景色にかぎって、イマジネーションを掻き立てられそそられるほどに素晴らしく美しいのでござる。









うまくいってこんな感じでございます。
IMG_2626_convert_20091116014252.jpg












夜景などはその最たるもので、当然どんなカメラを持ってしても、手持ち撮影で見たままを納めるというのは多分至難の業であろうかと思うのでございまする。














たとえ一眼であっても夜景撮影は三脚固定はもう必須なのでありまする。









夜景というのは先ほど申したように、けっこう車で出くわす場所が実は一番綺麗なのであるが、大抵はその場所に車を止めて撮影など出来ぬ環境にあるのがほとんどなのでございまする。









ましてやトラックなど大きなのをその場に止めてしまったら必ずや民に大迷惑を掛けてしまうでございましょう。










ですから音楽活動もトラック乗務もないオフに、その場所へと夜な夜な出掛けて行ってみるのでございます。









最近ですと地元にある日本平山頂の夜景でございます。









暗闇にいちゃつくカップルを尻目に、綺麗な景色を納めに現場へと行ったのでございます。










IMG_2208_convert_20091116002711.jpg










これは清水側にレンズを向け撮ってみたのでございます。









撮影日が先月でございますので、まだまだ景色自体に霞がかかっております。



















IMG_2214_convert_20091116005237.jpg
そしてこれは静岡側からでございまする。











いかがでございましょう?








ホワイトバランスなる箇所を調整して撮ったので多少暖かい絵に収まっておりますが…










ではごめん

↑ブログランキングに参加中!ワンクリックご協力よろしくお願いします。


↓あっすみませぬ、各記事をお読みいただいたら是非拍手ボタンを「読んだよ」の声の代わりにワンクリックしてってやってな、切に夜露死苦哀愁!



スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。